FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パクユチョン'海霧'で同式役でスクリーンデビュー"40代の時 'アイドル出身演技者'という修飾語つけたくて"

アンニョン

JYJ の「JUST US Album Vol 2」感無量

3人の歌声が、愛おしい

3人の重なる歌声が心地よい

ユチョンジェジュンジュンスの歌声を逃さず

何度も聞いていたい…





"40代の時 'アイドル出身演技者'という修飾語つけたくて"
年を取った後にもずっと演技したいという朴楡川-
連合ニュースとのインタビュー記事一緒に見ます!

"40대 때 '아이돌 출신 연기자'라는 수식어 달고 싶어"
나이를 먹은 후에도 계속 연기하고 싶다는 박유천-
연합뉴스와의 인터뷰 기사 함께 보시죠!


"I'd like to be called 'an actor from an idol' by the time I'm 40"
Park Yuchun says he still want to continue his acting career on and on until he get old-
Let's see to the interview article by Yonhapnews!


박유천 "연기에 갈증 날 때, '해무' 만났죠" 중문

'해무'서 동식 역으로 스크린 데뷔

"40대 때 '아이돌 출신 연기자'라는 수식어 달고 싶어"

(서울=연합뉴스) 송광호 기자 = 드라마 '성균관 스캔들'(2010)에서 꽃미남 도령으로 나오고 '쓰리데이즈'(2014)에선 반듯한 경호관으로 출연했던 박유천(28).
그동안 TV 드라마를 통해 멋지거나 도시적인 모습을 보여줬던 그가 스크린 데뷔작 '해무'에선 제대로 망가졌다.
검댕으로 가득한 얼굴을 스크린에 들이밀며 걸쭉한 사투리를 내뱉고, 땟물이 자르르 흐르는 바지까지 입었다.
화려한 무대에 이골이 난 가수 출신 연기자인 그는 단 한 번도 이처럼 망가진 모습을 보여준 적이 없었다.
"정말 다른 환경에서 연기해보고 싶었어요. 연기하는 데 시간적으로도 여유가 있었으며 했고요. 제대로 연기하고 싶었습니다."
그는 '해무'의 출연 전부터 연기에 대한 갈증이 있었다. "정말 몰입해서 연기하면 어떤 모습일까?"에 대한 궁금증이 컸다. 연극도, 영화도 도전하고 싶었다.
"표현하고 싶은 게 많았어요. 감정을 혹사하고 싶은 생각, 그로부터 나오는 여러 가지 다른 표정들, 중독성 강한 눈빛…."
그런 고민에 빠져 있을 때 심성보 감독이 쓴 '해무'의 시나리오가 들어왔다. "무겁고 어려운 작품"이었다. 그러나 동식이란 인물이 주는 "촌스런 뱃사람의 이미지가 신선"했다. 동식은 고깃배 전진호의 막내 선원으로, 사랑 때문에 지엄한 선장의 명령을 거부하면서 드라마를 이끌어가는 '해무'의 중추적인 인물이다.
주변의 여러 우려가 있었지만, 영화 연기에 대한 갈구가 더 컸다. 송새벽이 출연한 동명 연극도 동영상으로 봤다.
마치 짙은 '해무'(海霧)가 그의 앞을 가리는 듯했지만, 박유천은 자욱한 안개를 헤쳐나가기로 마음을 먹었다.
자신 있게 도전장을 내밀었지만, 실제 촬영 현장은 고달픔의 연속이었다. 액션 시퀀스가 많은 기계실 장면에선 곳곳에 있는 쇳덩어리가 문제였다.

"이곳저곳 모서리에 부딪히면서 "뼈가 튀어나올 듯 심하게" 멍도 들었다. 15회 이상 같은 장면을 반복해서 촬영하기도 했다.
육체뿐 아니라 마음도 힘들었다. 조선족 처녀 홍매(한예리)에 대한 동식의 조건 없는 사랑이 이해되지 않았던 적도 있었다.
그는 "배에서 촬영하는 영화에 함부로 도전하면 안 되겠다고 생각했다. 체력소모가 많아 힘들었다"며 "감정적으로도 사랑만을 위해 그런 일을 저지르는 동식이 이해가 되지 않기도 했지만 모든 걸 죽음과 결부해서 해석하니 이해가 됐다"고 했다.



パクユチョン "延期にのどが渇く時, '海霧' 会ったんです"
AKR20140730112100005_01_i.jpg


'海霧'で同式役でスクリーンデビュー
"40代の時 'アイドル出身演技者'という修飾語つけたくて"
(ソウル=連合ニュース) 松広号記者
ドラマ '成均館スキャンダル'(2010)で花美男若旦那で出て 'スリデイズ'(2014)では正しい警護官に出演した朴楡川(28).

その間 TV ドラマを通じて素敵とか都市的な姿を見せてくれた彼がスクリーンデビュー作 '海霧'では「まともに壊れた.
炭で一杯な顔をスクリーンに押しこんでどろどろななまりを吐き出して, テッムルがザルル流れるズボンまではいた.」

派手な舞台に癖になった歌手出身演技者である彼はただ一回もこのように壊れた姿を見せてくれたことがなかった.
"本当に他の環境で演技してみたかったです. 演技するのに時間的でも余裕があったしといったんです. まともに演技したかったです."
彼は '海霧'の出演の前から演技に対する喉の渇きがあった. "本当に沒入して演技すればどんな姿だろう?" に対する知りたい事が大きかった. 演劇も, 映画も挑戦したかった.
"表現したいのが多かったです. 感情を酷使したい考え, それから出る多くの種他の表情たち, 中毒性強い目つき … ."
そんな悩みに陷っている時心性補監督が使った '海霧'のシナリオが入って来た. "重くて難しい作品"だった. しかし同式と言う(のは)人物が与える "田舍臭い船人のイメージが神仙"した. 同式は漁船前進号の末っ子船員で, 愛のため至厳な船長の命令を拒否しながらドラマを導いて行く '海霧'の中枢的な人物だ.
周辺の多くの憂慮があったが, 映画演技に対する渇求がもっと大きかった. 宋夜明けが出演した同名演劇も動画で見た.
まるで濃い '海霧'(海霧)が彼の前を選り分けるようだったが, パクユチョンは立ちこめるような霧をかきわけて行くことに心を食べた.

AKR20140730112100005_02_i.jpg

自信あるように挑戦状を突き出したが, 実際撮影現場はゴダルプムの連続だった. アクションシーケンスが多い器械室場面ではあちこちにあるスェッドングオリが問題だった.
"あっちこっち角にぶつかりながら "骨が飛び出すようにひどく" あざもできた. 15回以上みたいな場面を繰り返して撮影したりした.
肉体だけではなく心も大変だった. 朝鮮族娘ホングメ(ハンイェリ)に対する同式の条件ない愛が理解されなかった時もあった.
彼は "お腹で撮影する映画にむやみに挑戦してはいけないと思った. 体力消耗が多くて大変だった"と "感情的でも愛のみのためにそんな事をやらかす同式が理解ができなかったりしたがすべてのことを死と結付して解釈したら理解ができた"と言った.

朴楡川は初映画で金尹錫 · ムン・ソングン · 金サンホなど忠武路の代表演技派俳優たちと呼吸を合わせた. 福多い彼は "映画を撮ったらもっと偉くなった"と言った.
"皆おびただしく格好よかったです. なかでも金尹錫先輩ははじめから最後までキャラクターに対する考えを止めないブンイショッです. 不思議な位にすごい集中力でした. 私が演技するのに一つの基準を作ってくださった方です. 易しく学ぶことができる部分ではないが, 作品をして行きながらそのようになることができればと思います."
難しいながら映画を完成してからこそ演技に対する喉の渇きがある程度解渇されただろうか?
"演技がお上手になりたくて映画と演劇をしたいと言ったが, 映画をすべて撮り終わるからそんな考えがとても一次原籍なので恥ずかしかったです. どうしてそれほど感じるかは分からないが '海霧'を通じて (演技に対する) 全体的なフレームを確張することができたようです."
彼は映画にずっと出演したいと言った. 助演も端役も選り分けアンゲッダゴもした. JYJ 出身演技者という荷札にも "気に止めない"と言った.
"年を取ってからも延期を続きたいです. 40代の時私がどんな延期ができるかもあまり期待されます. アイドル出身演技者という荷札は神経書かないaです. むしろ 40代の時そんな修飾語が付けば気持ち良いようです."
AKR20140730112100005_03_i.jpg




(出処画像内記載)


『JYj花咲けプロジェクト』

ランキングに参加しています

「ポチッ」とお願いします^^






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。